--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2013/03/05 Tue
久々にこちらのブログを更新です!
かれこれ1年半以上放置してたんだな~(^_^;)


卒業シーズンに合わせて卒業ソングをあれこれと聴いているのですが、その中で最近ふと気付いたことがありました。


ひょっとして、YUIの『My Generation』は尾崎豊の『卒業』のアンサーソングなのではないかと。


検索すると、いくつかそれらしい記事が出てきました。
ただいずれも、あくまで個人的見解なようです。

でも、歌詞の対応関係を見ると明らかに意識してるよな~と感じる点がいくつか…

尾崎:校舎の影芝生の上吸い込まれる空
YUI:グランドに吹いた風を小さな窓から吸い込んでため息

情景描写からして、尾崎が「校舎の外」、YUIが「校舎の中」にいる。
尾崎が「吸い込まれ」ているのに対し、YUIが「吸い込んで」いる。

尾崎:チャイムが鳴り教室のいつもの席に座り何に従い従うべきか考えていた
YUI:チャイムが鳴り終われば現実はもっと早く進んでいくでしょう?

尾崎が授業開始の描写、YUIが授業終わりの描写。

尾崎:校舎中の窓ガラス壊してまわった…早く自由になりたかった
YUI:窓ガラス割るような気持ちとはちょっと違ってたんだはじめから自由よ

尾崎が「窓ガラスを割る⇒自由になりたかった」と表現しているのに対し、YUIは「ちょっと違う⇒はじめから自由」である。

尾崎:この支配からの卒業
YUI:描いた夢を信じきれない弱さにただ支配されてた

尾崎は「外側の何者か」に支配されているのに対し、YUIは「(自分の)弱さ」に支配されている。

尾崎:従うとは負けることと言い聞かした
YUI:制服脱ぎ捨てた16の私に負けたくはないから

尾崎は「外からの圧力」に負けることを意識している、対してYUIは「自分自身」に負けることを意識している。

尾崎もYUIも高校を中退しているという共通点。
『15の夜』『十七歳の地図』の間を取ったような「sixteen my dream」という歌詞。

以上、今更ながらYUIにハマり始めたHal'caの戯言でした(笑)
活動休止してしまったのが残念…
スポンサーサイト
Category: 音楽
2011/06/26 Sun
おはようございます!!

今日もいい天気ですね

嘘です...


音楽活動をいつ再開すべきか,いやはや再開すべきでないのか…

気分的にも微妙だし,忙しくなってきてしまった.

ソロで新天地を切り開くのは難しそうだし,新たにセッション組むとすれば練習時間が取れない…

なんて考えていたところ…


お世話になっていた河原町ば~るだ~ちゃの店長,大谷さんから「復興義援ライブ」へのお誘いが!

ば~るだ~ちゃは,自分のソロでの活動拠点となっていた場所,昨年はスタッフさんに大変お世話になりました.

その大谷さんがぜひ出てほしいとおっしゃって下さったのだから,ここはソロでもユニットでも出なければ!!(←基本,私は人に流されやすい(笑))

そして,出演料が義援金になるなら,スズメの涙ほど(にもならないが)被災地に協力できる!


だったら出るしかない!!


というわけで,久々のライブに足を運ぶこととなりました!

しかし,ソロでは初のステージでのライブ…もう緊張MAXでした(^_^;)


今回,計8組が出演!

トップに登場した,このブログをチェックして下さっている皆様はおなじみ,加藤秀之さんからのスタート!!

制服姿も,見慣れすぎて違和感がない!!

むしろスーツ姿に若干の違和感を感じるまでになってしまいました(苦笑)

今日はいつに増して調子が良かった(←本人談)ようで,振付けのキレも抜群でした(゜o゜)

最近プリキュアやセーラームーンを歌うようになった加藤さんは,ますます磨きがかかってきました(笑)


で,この盛り上がりの次に私ですか~…どうしろと(-_-;)

というのは織り込み済みだったので,敢えて始めから雰囲気をガラッと変える作戦で行きました(笑)


で,今回のセットリスト


♪陽光(ひかり)の丘 (Hal'ca) piano inst
♪どんなときも (槇原敬之)piano & vo.
♪frustration (MAYU)piano & vo.
♪みんな空の下 (絢香)piano inst
♪TOMORROW (岡本真夜)piano & vo.


前半は緊張しすぎてそれはもう…ええ,っていう感じでした(笑)

おまけに,frustrationを歌ってる最中にマイクがどんどん下がってきて,「さあ~顔を上げて♪」と歌ってる自分は思いっきり下向いてるっていう(^_^;)

でも,TOMORROWではみんな手拍子してくれて,一緒に歌ってくれて,とても嬉しかったです!!

やっぱりみんなで盛り上がれる曲はいいな!!って思った.

今回,曲+MCに初トライ!!

う~ん,やっぱ難しい…結局2番は伴奏だけになってしまったけど,これはこれでいいのかな(^_^;)


asariさん,ご一緒するのは今回初めてでしたが,Music My LifeのVo.5に出演されてたとのこと!

自分はVo2.のMAYUサポートでの出演だったので直接お会いするのは初めてでしたが,同じイベントでつながれるっていいなって改めて思いました!

メッセージ性の強い歌詞と,透き通った歌声がとても素敵でした(^o^)

どの曲も心に沁みるいい曲ばかりでした.

震災後の塩釜を歌った『鹽竈桜』.

「頑張ろう!」とか「前を向いて」とか直接的なメッセージはないけど,「見上げれば遅咲きのさくら」という一言にその全てが詰まっている気がしました.


続いて,亀井よしあきさん.

こちらも直接お会いしたわけではないのですが,ば~るだ~ちゃのホームページ上でよく見かけた方でした.

うん,さだまさしっぽい!!

ギターに乗せてコミカルに語りかけるような歌い方,そして最後はしんみり…みたいな.

そして本人の宣言通り,MCはサイコーでした.


突然の,
「ぽこーーーーーん♪」


聴いているこっちは「ぽかーーーん」でした(笑) でも思わず爆笑してしまいました(^_^;)

いやあ,巧いなあ…


さて,その次のfoglumpというユニットなのですが…


ん,もしかして4年前の!!?


そう,片方は僕が大学入学から半年ほど所属していたサークル「みんな歌う会」の同期だったんです(^_^;)

もう一方は同じみな歌の後輩.

このサークル,通称「みな歌」,大雑把に言えばギター弾き語りが好きな人が集まって歌っているサークル♪

部室がお隣の鉄道研究会からは「放歌サークル」と言われてたりします(^_^;)


で,彼らの演奏はやっぱりスバラシイ!!当然ながら4年前より断然磨きかかってました(゜o゜)

「みな歌」をやめたことの若干の後悔が…いや,たとえ続けていてもこうはなれないんだから諦めろ(笑)

逆に,フリーだからこそピアノ中心の活動できてるんだし♪


その後のバンド三組,みんな激しくてすごかったなあ~

あのデスボイスはどうやったら出るんだろうか?

自分もやってみようと思ったものの,本当に死に際な感じになってしまうので却下(^_^;)

長くなりすぎたので以降詳細は割愛,スミマセン...

初めて大谷さんのドラム演奏を見ました…半端ない!!

あの迫力,ば~るだ~ちゃで見たかったなぁ(>_<)


お客さんも多くて緊張でしたが,すごく楽しいライブになりました!

そして何と,原町ON楽祭実行委員長の八幡さんファミリーも急遽駆けつけてくださいました!!


お誘いいただいたば~るだ~ちゃスタッフの皆様,スタジオの皆様,共演者様,そして来てくださった皆様,本当にありがとうございましたm(__)m

そして,今回初めて僕のことを知ってブログチェックして下さった方,このダラダラとした文章を最後まで読んでいただきありがとうございました(^_^;)


※後ほど写真を加えますので,しばしお待ちください(^o^)
Category: ライブ
2011/06/24 Fri
おはようございます(^o^)

ブログ更新しながら完全に爆睡してしまったダメ学生Hal'caです(^_^;)


さて,ライブ告知です!!

といっても,本日24日です(^_^;)


◆東日本大震災復興義援live

ソロ活動で大変お世話になっていたば~るだ~ちゃの店長,大谷さんよりお誘いいただきました!

震災後はほとんどライブ活動ができずにいましたが,この機会に出演させていただくことにしました!!


*場所:フライングスタジオ(駅東口方面)

*時間:open18:00~/start18:30~

*出演者:加藤秀之,Hal'ca,asari,亀井善之,foglamp,
CRMESonE-ROS,Mississippi swankye,second heat

*チャージ:ドリンク\500のみ

詳細はフライングスタジオ様のホームページをご参照ください.
http://flyingstudio.cool.ne.jp/pc/index.html


久々のライブで緊張MAXです(゜o゜;;)

チャージフリーのライブですので,お気軽に足を運んでみてください!!

今回も一緒に出演させていただくことになった加藤秀之さんのパフォーマンス,そして初対面の出演者の皆様の演奏も楽しみです(^-^)

たくさんのご来場,お待ちしております!!
Category: 未分類
2011/06/13 Mon
きまぐれDiary復活!!

更新ストップで安否を心配して下さっていた皆様,ご心配おかけして申し訳ありません,そしてありがとうございましたm(__)m

皆様,ご無事だったでしょうか?

自分はこの通り,1ヶ月遅れではありましたが無事にダメ大学院生となることができ,新たな一歩を踏みしめたところです(^_^;)

震災で被害に遭われた皆様,心よりお見舞い申し上げます…っていうベタなセリフを文章にすると,なんかそっけないよな~,と思う今日この頃…

本当に大変な思いをされた皆様もいると思いますが,転んだら立ち直るしかないです!!


さあ,顔を上げて また 歩き出せばいい
いつまでも 同じ場所に座り込んでる人になるなよ♪ (『Frustration』by Mayu)


4/21,一ノ関のれのんさんでライブさせて頂きました!

セットリスト
◆小さな恋のうた(アレンジ) -モンゴル800-
◆To U -Bank Band with Salyu-
◆Peace Loving People -絢香-
◆糸 -中島みゆき-
◆Hey和 -ゆず-

久々のライブで相当緊張してしまい,キーを間違えるやら声が上ずるやら…

同日出演のEndyさん皆様,ベラリスさん,ジュリーさんの演奏が素晴らしかったです!

そして,れのんのマスター,ヒデさんの『立ち上がれJAPAN』が心に滲みた一日でした.

この日は一ノ関に一泊…するつもりが,ホテルがどこも満室(>_<)

しかし,震災の影響でエアコンが効かない部屋を特別に空けていただき,何とか宿確保…ふぅ(^_^;)

寝る間際に大きめの余震が来て焦りましたが,疲れていたのですぐ眠りにつけました(笑)


翌日帰宅.

川沿いの5分咲きの桜を見ながら一ノ関をあとに…

震度7の栗原を通過しましたが,建物は驚くほどしっかりと残っていました!!

ただ,東北道が凸凹過ぎて酔った(-_-;)
Category: ライブ
2011/03/09 Wed
昨日は、引退した人力飛行機製作サークルwindnautsの追いコンでした!

何のサークルって、、、鳥人間コンテストに出場している、と言えば大体の人はピンとくると思います。

人が漕いで動かす飛行機を作ってるサークルです。

3年の夏の記録飛行を最後に引退したので、久々に会うメンバーが大半でした!


その追いコン、同じ駆動班で活動していた後輩たちからとても嬉しいプレゼントを頂きました(^O^)

IMG_1839.jpg


まず前方がタジン鍋(しかもIH対応)!

ご丁寧に料理本まで付けてくれました(笑)。

趣味にどうぞ、そして彼女とご一緒に!だそうです。

…だから、いね~っつ~の(-_-;)(笑)。

ネクタイピンそしてデジタルフォトフレーム…!!

いやぁ、率直に嬉しいです(*^_^*)

それと、左下辺りにある謎の円形の金属の塊は…

なんと、うちの班が製作を担当していた「ベアリング」で作ったメダル!!

今日のためにわざわざ発注してくれたとか!?

この発注って、けっこう手間かかるんです。。。

ひもがスズランテープなのがまた鳥人間らしい(^_^;)

一番使い道には困るけど、一番嬉しいプレゼントでした(^O^)/

ちゃんとくるくる回るんですよ!!


最後に、後輩全員からのプレゼント…

自分たちの飛ばした飛行機「rera」の写真と、裏に記録が書いてあるストラップ。

涙が出そうになった(:_;)

肌身離さず持っていたい…けど失くしたり傷ついたりしたら嫌なので、貴重品とともに大事に引き出しにしまっておきます。


僕はこのサークルには途中から入ったので、所属期間はたったの2年足らずでした。

でも、その中でかけがえのない思い出ができ、一年ぶりに会っても気兼ねなく何でも話せる仲間に出会えて、改めて充実したサークル生活だったんだな~…と、しみじみしてしまいました。

サークル内にいる頃は連日徹夜で作業したり、サークル内で意見が合わず分裂しかけたり、記録飛行決行で膨大な事務仕事が降ってきたり…何度やめようと思ったことか。

自分たちの代は、鳥人間コンテストの企画自体が中止になる…というまさかの事態に見舞われた世代…。

でも、やっぱり自分たちの飛行機を飛ばしたい、、、という思いから、単独で公式記録を取る「記録飛行」に挑みました。

普段の作業や試験飛行だけでも手一杯なのに、色々な手続きに追われ、連日議論して喧嘩にもなった…。

トラブル続きで、後輩たちにもすごく迷惑をかけた…

それなのに、今こうして笑顔で話せる仲間や暖かく送り出してくれる後輩達がいる…

サークル在籍中、自分は出来ることはやったつもりだったけど、結局ほとんど役に立てなかった。

でも、みんなの熱意が常に自分を前に前に引っ張ってくれていた。

ホントに、素敵な仲間に出会えたこと、とても幸せです。


自分が今の大学に入った理由は正直よくわからないし、理想通りではない。

他の大学に入っていればよかったって思うこともたまにある…

でも、一つ言えることは…この大学にいなければこんな貴重な出会いはなかったってこと。

もちろん貴重な出会いがあったのはこのサークルに限った事ではない。

でも、一つの明確な目標に向かってみんなで進んでいくことの素晴らしさを自分に初めて教えてくれたのがこのサークルだった気がします。


去年出来なかった分、少しでも後輩たちに恩返ししなきゃな(^_^;)
Category: 未分類
2011/03/06 Sun
さて、先日のば~るだ~ちゃの報告とまいります。

今回は「Rock night」というイベントにお招きいただき…

普段ロックとは間逆の方向にいる自分は、選曲にかなり苦戦しました。

でも、ロックやる人が多いならむしろしっとり系はアクセントになるかも☆

ってわけで、しっとり系を混ぜながらいつもよりはロック寄りな感じにしてみました。


さて、今回の出演は…B.S.(=ば~るだ~ちゃスタッフ)さん、Duck Tetsuyaさん、スリーチューンズさん。

Duck Tetsuyaさん、スリーチューンズさんは、“ロカビリー”というジャンルで活躍されています。


B.S.さん、今回は『ぜったいに 誰も』を加えて3曲歌ってくれました!!

スラダンの曲って、名曲揃いだよな~。。。

今日も大谷さんの素敵なギターと布台さんの熱唱で楽しませてもらいました(^O^)/

あ、、、カメラ持ってきたのに存在を忘れてた…と思った時には後の祭りでした(^_^;)


続いて、私Hal'caが僭越ながら演奏させていただきました。

◆春歌メドレー(piano inst)
 ◎桜、咲くころ(押尾コータロー)→桜坂(福山雅治)
 →SAKURA(須川展也)→卒業写真(松任谷由美)
 →YELL(いきものがかり)→蕾(コブクロ)
◆僕が僕であるために(尾崎豊)(vo.&piano)
◆歩いて帰ろう(斉藤和義)(vo.&piano)
◆DESPERADO(Eagles)(vo.&piano)

*小ネタ…東北新幹線車内メロディ、仙台市ゴミ収集車のメロディ、八木山べニーランド


仙台市のゴミ収集車が流している不思議なメロディは『おさるのかごや』だったことが、お客様の鋭いご指摘により発覚!!

そういわれると、確かにそうだな…。

移動販売の豆腐屋さんの流してる音楽が美空ひばりの『柔』だということを知った時以来の大発見でした(゜o゜)

最近暖かくなってきたし春歌やろうかな~というノリでメドレー組んだのですが、この日はあろうことか、外は雪がちらつくほどの寒さでした(>_<)


続いて、Duck Tetsuyaさんの登場!

いやぁ~、なんというか…初っ端からぶっ飛ばしてました!!

歌いながら、ギター弾きながら、頭まで足を上げる…!?

「はいっ…?」って思った方、これ以上は言葉では説明できないので、ぜひ生のライブでお確かめ下さい。

(ちなみに、自分も家に帰ってから試しに足を上げてみたのですが、、、半分まで上がったところで腰のあたりから異音が聞こえたため敢え無く中断(-_-;))

歌もギターもかなり上手い…のですが、どうしてもパフォーマンスに気を取られてします!

あの、紅白のときの小林幸子さん見てる時と同じような感覚(タイプは全く異なりますが…)。

お客様も全員巻き込まれ、踊り出す方も出現し、会場大盛り上がりでした!!

演奏に熱中しすぎて、やはり写真を撮るのをすっかり忘れてました(^_^;)


さて、続いてスリーチューンズさん。

こちらもかなり凄腕の方々でした!

あっ、今度こそ写真撮りましたよ…忘れないように調整中に撮らせていただきました(^O^)/

IMG_1835.jpg

そして案の定、演奏中は聴き惚れていて写真撮るの忘れてました(^_^;)

ノリのいい、勢いのある演奏で存分楽しませていただきました!!


そんなこんなで、今回は中年パワーが炸裂した楽しいライブでした!

とにかく、ノリがいいし勢いがスゴイ、そして何といっても楽しい!

…先週22歳になったばかりのわたくしは完敗でしたm(__)m

これからはピアノだけでなく、パフォーマンスなどなども磨いていかねば(>_<)


そんなことを思いつつば~るだ~ちゃを後にし、外に出ると、、、

おい、なんだこの雪は、今日チャリだよ、かえれね~よ、ど~すんだよ(泣)

って感じの猛吹雪になってました…

それでも何とかチャリで帰りましたが、突風と吹雪で凍え死にそうでした(-_-;)

そして帰宅した途端に雪も風も落ち着くっていう、何たるタイミングの悪さ…

‐‐‐‐

さて、ここでお知らせ。

加藤秀之さんと路上ライブ始めます!

日程・場所は決まり次第告知いたします。

どうぞ、通りかかりの際は暖かい眼で見守ってあげて下さい。

また、"Music My Life"でおなじみの千田さんからバンド活動のお誘いをいただいており、今後そちらでも活動するかもです!

今後も幅広くいきたいと思います、乞うご期待!

ではでは(^O^)/
Category: ライブ
2011/03/02 Wed
3/4…つまり今週金曜、再びば~るだ~ちゃさんでの出演が決定いたしました!!

なんとなんと、2週連続になるとは…!

急なのでユニットは組めず、たぶん今回もソロで(^_^;)

ただ個人的には複数いた方がうれしいので、即興得意な人でユニット希望の方、募集中!!

ちなみにセットリスト決定は早くとも金曜午前中になります!(←早くても当日、遅ければ本番中(笑))


◆~Rock Night~◆

B.S.(=ば~るだ~ちゃスタッフ)さん、そして今回初対バンとなるDuck テツヤさん・スリーチューンズさんが出演されます。


open…19:30~
start…20:00~

Live charge ¥1000+1drink(¥500)

私Hal'caは20:00~の出演となりました。


ば~るだ~ちゃ
URL:http://bar-darcha.iwai-sekkei.com/



今回出演される方々がどんなスタイルの演奏をされるのか、動画等で拝見いたしましたところ…

皆様ロックな感じのアメリカンな感じのノリがいい感じの楽しい感じの曲を演奏していらっしゃるようでした!


さぁ、普段しっとりなHal'caとしては大ピンチです!

あと3日しかないのにこれまでのセットリストはほとんど使えないぞ(゜o゜;)


というわけで、今回はちょっといつもと違うスタイルのHal'caの演奏が楽しめるかもしれません!

セットリストは、普段あまりやらないロックな感じの曲を織り交ぜたいと思います!


お楽しみに(^O^)/
Category: ライブ
2011/02/28 Mon
さて、久々のライブそして自身としては2011年初のライブの報告です!

場所はお馴染みの河原町ば~るだ~ちゃ

今回ソロでの出演でした!


さて、ば~るだ~ちゃさんのブログを見てからずっと気になっていたB.S.という出演者さん…

どんな方なのかな~と思いきや、、、


なんとなんと、ば~るだ~ちゃスタッフのみなさんでした!!

B.S.…なるほどね(笑)。


スターダストレビューの『木蘭の涙』、そしてWANDSの『世界が終るまでは』と、名曲2曲。

大谷さんのギター、そして布台さんが熱唱!

いやあ、素敵でしたね~。

選曲からお客さんの心をバッチリ掴んじゃってました!

もっといろいろ聞きたかったです(^O^)


お次は、ピアニスト伊藤文明さん。

お店にいらっしゃってからしばらくお話させていただきました。

僕と同じ大学の教育学部出身の大先輩でした!

なんたって今年御歳7*歳だそうで(゜o゜)

生まれも育ちも仙台、広瀬川をこよなく愛する方でした。

演奏は、まず『懐メロメドレー』から…

懐メロっても、ユーミンとか西条秀樹とか山口百恵とかそんなレベルではなく、、、

『荒城の月』『浜辺の歌』『遠くへ行きたい』など、いわゆる唱歌ってやつです!

そして、宮澤賢治の『雨ニモ負ケズ』にメロディ付けて歌ってしまったり…

声も素晴らしい…長い長い音楽人生を歩んできた、貫禄たっぷりな演奏でした!


そして私、Hal'caの出番。

いやあ、ミスタッチ連発するわ即興に挑戦するも途中で出来なくなって適当にごまかすわ、発声がのど声だわ…全く成長がない(^_^;)

今回は、どんなお客様でも一度は楽しめるよう、オリジナル、J-pop、洋楽そして懐メロと、かなりざっくばらんなセットリストにしてみました!

◆ホタル (Hal'ca / piano inst)
◆Frustration (MAYU / vo & piano)
◆Crescent Moon -三日月- (Charice / vo & piano)
◆ジブリメドレー (piano inst)
 >崖の上のポニョ→ハウルの動く城→君を乗せて→世界の約束
◆to U (bank band with salyu / vo & piano)
◆糸 (中島みゆき / vo & piano)

MAYUさん、お言葉に甘えて早速一曲お借りしましたよ(^_^;)

原曲キーで練習していたのですが、本番はやっぱり声がキツかったです…でもやっぱりあの曲は元気をくれる曲だと思います!

三日月の英語バージョンは、ネットの某ブログで見た歌詞が相当間違っていたようで、舌が回りませんでした(>_<)

ただ、たとえ正しい歌詞を写していたとしても同様の結果だった気もしますが(笑)。

そして今回はなんと小さなお子様がご来店していたため、予定していたいきものがかりメドレーを急遽変更して即興ジブリメドレーに!(いきものがかりメドレーはもともと弾きこなせていなかったという噂も…(笑))

ただ、『ハウルの動く城』が途中で引けなくなり、なあなあにごまかしつつ、城つながりで『君を乗せて』につなげてしまいました(苦笑)。

5歳のお子様はラピュタなどご覧になられるのだろうか…と、弾き始めてから疑問に思いましたが…まっいいか。


演奏後、伊藤文明さんから様々なアドバイスいただきました!

やっぱり大先輩の言葉は身に沁みます(>_<)


そして今回のトリは、、、

以前もば~るだ~ちゃで対バンさせていただいたtacchyさん!

昨年話題となり、今年も話題沸騰中のあの『トイレの神様』、、、のサポート演奏もしているギターの神様、押尾コータローの曲をサラッと弾きこなしてしまう、かなり凄いかたです!!

最初に演奏された『桜咲くころ』、個人的には押尾コータローの曲のうちでベスト3に入る一曲です。

やっぱり生で聴くといいですね!

そして、ニコニコ動画の「押尾コータローを"演奏してみた"選手権」にも応募されたという、押尾コータローさんの新曲『Brand New Wings』。

まだ原曲は聞いてませんが、あれだけの音をギター一本で出せるなんてホント神がかってます!!

オリジナル曲も素敵でした。

『冬の流れ星』、自然と情景を思い浮かべてしまえるほど美しく綺麗な曲でした。

一転、『風』は爽やかでとても元気の出る曲です!!


そしてそしてなんとなんと…

ライブ翌日に判明したのですが、tacchyさん、「押尾コータローを"演奏してみた"選手権」で見事グランプリを受賞されたとのこと!

昨日、パスワードすら忘れていたニコニコ動画をやっとの思いで開き、そのページを覗いてみたら、グランプリのところ…

そこには確かに「tacchy」という文字が(゜o゜)

しかもこのグランプリ、押尾コータローさん本人が選出されたとのこと!!

これはすごい…

本当におめでとうございます☆★


ライブは閉幕し…

ライブ後は、tacchyさんと観に来て下さったお客様、今回ライブに呼んでいたgakky、そのお友達といろいろお話して、楽しいひとときを過ごしました!

ば~るだ~ちゃはアットホームな雰囲気で、聴きに来て下さったお客様とも気軽に話せるのが魅力の一つです!


今回、プロフィール用の名刺サイズフライヤーをバージョンアップしました。

今回は新宿駅前イルミネーションの写真付き…なかなか好評だったので大満足でした(笑)。


IMG_1625.jpg

フライヤー欲しいかた、1枚50円で!

嘘うそ、タダで差し上げますよ(笑)。

ではでは、次回ライブ乞うご期待(^O^)/ (まだ予定は未定です。)
Category: ライブ
2011/02/26 Sat
緩やかな上り坂に差し掛かった瞬間、さっきまで聞こえなかったカチカチという音がチェーンから聞こえてきた。

買って2ヶ月も経ってない新車は、この拷問のようなトレーニングに早くも悲鳴を上げ始めたようだ。

そもそも、生活圏を移動するために設計されているママチャリにこんな長旅やアップダウンを強要することがそもそもの間違いだという事くらいは承知であるが…。


林を抜け、たった一軒佇んでいる駐車場がやたら広いコンビニがある曲がり角を折れ、やがて県道8号線という案内板が見えた。

仙台市街へと続く道である…この道をひたすら突き進めば、間違いなく仙台に到着できる!

という安直な考えなど通用するはずがなかった。


1kmもいかないうちに、まず歩道がなくなった。

道幅が狭い上に交通量は多く、トラックなどの大型車が次々と通過するため、自転車の通る余地などない。

無論、このまま進めばトラックに跳ね飛ばされるか潰されるかのいずれかの運命が待っているはずだ。

苦渋の選択を迫られた揚句、分岐している農道に逃げた。

その農道は県道に沿っているように見えるが、いつどこで県道から遠ざかるかもわからない。

やはり周囲に明りはなく、道筋はおろか、道幅すら分からない。

そして、川のせせらぎが左下の方から聞こえる…つまり少しでも道を反れた途端、川底へ落とされ、その後には神の裁きにより地獄の底へと突き落とされる運命にあることはほぼ間違いない。

人の気配はなく、無残な姿で発見されるのは早くても翌日だろう。

右側は何も見えないが、おそらく用水路か田んぼである。

もし落ちれば、チャリもろとも泥まみれの姿で仙台中心部を通過する羽目になり、そこには間違いなく数百人の冷酷な視線が待ち受けている。


ハンドルを左右に振りながら自転車のわずかなライトで道幅を確認し、並走する三陸自動車道を突っ走るトラックの轟音にかき消されてしまうほどの水の流れの音に耳をすまし、慎重にペダルをこぐ。

県道から数十メートル離れると途端に不安が襲い、再び県道に近づくとホッと胸をなでおろす。

時折草むらからガサゴソと音が聞こえる…何か生物が潜んでいるのだろうか。

つい1時間前まで自然の素晴らしさに心を奪われていた自分だが、この時ばかりは文明社会にすがりつきたくなった。

県道を走る自動車の音は、僕をあざ笑うようだった。


不安の渦の中を約20分進んだところでようやく明かりが見え、自動車道のインターの脇で再び県道と合流した。

時刻は19:00。

目の前の看板には「SENDAI 20KM」と示されていた。


品井沼駅で買ったパンをいっぺんに頬張り、爽健美茶を流し込む。

足はすでに疲れきっていたが、20kmを走破するには何としてでも動かさなければならない。

ペダルを力任せに踏みしめ、奇妙な色に明るんでいる南の方角へとハンドルを向けた。

アップダウンが激しかったが、下り坂で極力スピードを上げ、力学の法則に力を借りて上り坂に挑んだ。


20分くらい進んだだろうか…林の中を抜けると突然、眼下に煌々と輝く一帯が現れた。

IMG_1803.jpg


利府の街、そしてその向こうには仙台市のビル群と思しき光の塔が文字通り異彩を放っていた。

緩やかな下り坂で一気に加速し、利府の市街へと到達した。

大型ショッピングセンターの明かりが眩い。

新幹線がものすごいスピードで目の前を通過し、仙台市街の高層ビルの中に吸い込まれて行く。

それらに別れを告げ、ほどなくして岩切大橋に差し掛かった。


ここからの地味なアップダウンが、すでに限界を通り越した筋肉に追い打ちをかける。

東仙台に着いた頃には、加速すらままならない状況…しかしアップダウンは続き、しかも赤信号が行く手を阻む。

空を見上げても、奇妙な色に染め上げられた雲が立ち込めているだけだった。

そして耳を澄ますまでもなく、車のけたたましいクラクションとバイクのエンジン音が鼓膜を刺激する。

都会の色に塗り替えられた風景が、新鮮でもあり奇妙にも思える。


最後の坂道を登り、仙山線の踏切を渡った瞬間、ゴールテープを切ったような思いに駆られた。

宮町通りで左折し、都会の高層ビル群の合間に吸い込まれていく。

20:30、定禅寺通り着。

総走行距離約75km、実質走行時間約5時間。


事務所に昨日置きっぱなしにしていた荷物を取りに行き、再び外に出ると、冷たい冬の空気がコートの襟元から侵入してきた。

マフラーを巻きつけ、定禅寺通りの人込みをかき分けながら家路を急いだ。


おわり。



【辿った道筋】
自宅

 ↓ (バス・徒歩)

勾当台公園 15:00

 ↓ 国道45号線

本塩釜駅 16:00

 ↓ 国道45号線

松島海岸駅 16:50

 ↓ 国道45号線
 ↓ 国道346号線

吉田川 17:35

 ↓ 国道346号線
 ↓ 県道229号線

品井沼駅 17:45

 ↓ 県道229号線
 ↓ 県道241号線
 ↓ 県道146号線
 ↓ 県道9号線
 ↓ 県道8号線

事務所 20:30

 ↓ 定禅寺通など

自宅 20:50
Category:
2011/02/26 Sat
観光船が停泊する港の道を飛ばす。

IMG_1784.jpg IMG_1777.jpg


潮風はさっきよりだいぶ冷たい。

昼間は以前より暖かくなってきたが、それでも冬の空気はまだ堂々と居座っている。

45号線に合流し、さらに北を目指す。


東北本線と合流すると、海の景色は早々と田園風景に様変わりし、道路沿いの街灯と車のヘッドライト、そして時々光る踏切の赤点滅だけが夕闇を打ち消す。

45号線から346号線に入り、さらに北を目指す。

貨物列車のけたたましい音が周囲を囲む山々にこだまする。

道路の案内板は、車のヘッドライトが照らさないとほとんど見えない。

小高い丘を越えると視界が開け、吉田川という川に架かる橋にさしかかった。

ふと空を見上げると、紫色の空が真上にあった。

川面に映った空が、真黒に翳った大地の中に煌々と浮かびあがっている。

山並みのシルエットの向こう側に茜色の空が広がる。

IMG_1786.jpg


ほどなく周囲は夕闇に包まれ、群青色が塗り重ねられた空に星が輝き始めた。

時間が許せば鹿島台まで行こうと思っていたが、暗く狭い国道は危険なのでここで早々に引き返すことにした。

しかし周囲には明かりがない。

同じ道を引き返すと再び松島海岸を通ることになるが、見通しが悪い上に歩道がないため、自転車にとってとても危険である。

地図で別のルートを探すため、明かりを求めて最寄駅、品井沼に向かった。

IMG_1789.jpg


駅前に商店や家がいくつか立ち並ぶのみで、視界に入るものはたいてい田んぼか林かのいずれかである。

自転車を止めて、古びた駅舎に入ってみる。

まるで時間跳躍(タイムリープ)した気分だった。

建物が古いのもさることながら…携帯電話の普及により公衆電話すら姿を消している今日、テレフォンカードすら使えない赤い公衆電話が窓口の横に寂しそうに佇んでいた。

IMG_1795.jpg


幼い頃、10円玉を入れて遊んで親に叱られた…懐かしい記憶がよみがえった。

駅の中には入れないが、柵の外側から写真をとる。

IMG_1799.jpg


手書きの看板や案内、木造の待合室。

かつては日本の駅周辺は大半がこんな風景だったのだろう、しかし今となっては、そう簡単に出会うことはできない風景であることは確かだ。

列車の音が遠くから聞こえてきた…しかし列車が駅に到着するまでおよそ2分はかかった。

夜という時間は本来、こんなにも静かであるべきものなのだ。

暗闇を照らす眩いヘッドライトが近づき、ブレーキ音を山に木霊させながら列車はホームに停まった。

IMG_1800.jpg


結局、地図をみてもどの道が安全なのかわからず、駅前の商店でチョコレートと菓子パンを調達して出発。

電灯一つない田んぼの中の一本道は車のヘッドライトがなければ道筋が分からない…。

見上げた空はいつの間にかダークブルーが支配し、そこに無数の星が輝いていた。

こんなにたくさんの星を見たのはいつ以来だろうか…夜中の帰り道でもたくさんの星が見えたのだろうが、疲れと落ち込みで上を見上げる心の余裕などなかった。

南に浮かぶオリオン座が春の訪れを告げ、次の瞬間に冷たい突風が冬のかけらをまき散らす。


危うく用水路に落ちそうになりハッと我に返った僕は、横風でふらついたハンドルを全力で握りしめて何とか体制を戻し、ブレーキをかけて止まり、アスファルトのない草地に片足をついた。

いつの間にか残り2つになっていたアルフォートをいっぺんに頬張り、さっきよりずっと重く感じるペダルを踏みしめながら進み、ようやくたどり着いた交差点で左にハンドルを切った。
Category:

プロフィール

Hal’Ca

Author:Hal’Ca
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。